無料
エロ
動画

----------------- 美しく散れ------------

 【美しく散れ】マンガ、アニメ、映画などに登場する悪役女性キャラを愛でるサイト。

【やられキャラレビュー】神尾まい 電影少女(ビデオガール) 桂正和作 集英社 

・アンケート実施中です。よろしくお願いいたします。
 →投票はこちらから

・さて、やられキャラと言うと普通はアクション物あるいは、バトル物と呼ばれる作品に集中していると思われがちですね。しかし、油断ならないことに普通の恋愛物や日常生活描写物であっても良物件が埋もれていることが良くあります。今回はそのパターンの好例ですね。ビデオガールに5,6巻に登場する神尾まいたんです。


ビデオガールはビデオを再生することでテレビの中から飛び出してくる少女あいと、画家を目指す青年弄内 洋太と彼を取り巻く少女達との恋愛模様を描いた作品です。私と同世代の人間ならば多分印象に残っている作品だと思います。なにせ、少年誌の枠組みを色んな意味で超えまくってましたから。ヨウハエロカッタト

と、いうことで神尾まいたんについて説明しましょう。本作品のヒロインの一人である天野あいは、本来ならば人間に恋してはいけない存在でした。しかし、そこはラブコメ。お約束どおり、彼女は主人公である洋太に惚れてしまいます。そこで、彼女を消すために派遣されてくるのが神尾まいたんということになるわけですね。





まずは、外見。ちなみに初登場時です。

mai17.gif



うーむ、かわいい!の一言。






 さて、彼女は当初は洋太とは違う人間に与えられましたが、その人間は欲望に支配され自滅(このホムペの本題とは関係ないので省略)。一度回収された神尾まいたんは、刺客として天野あいを狙います。

 と、いうことで一度目の襲撃を敢行します。ここで、ちょっと説明が必要ですが、ビデオガールは人間ではありません。あくまでもビデオの再生中だけ存在できる存在です。いうなればビデオの妖精あるいは付喪神といっても良いかも知れません。と、いうことで…

mai16.gif


と、いうことになるらしいです。つまり、異なる磁力がビデオガールの体内に入るとそのビデオガールは消滅してしまうわけですね。ビデオテープが磁器に弱いのとまったく同じです。






さて、そんな訳で彼女の目的は当然…

mai15.gif


あいの抹殺です。上のコマは自分の磁力を放出してあいを攻撃している所ですね。






 しかし、最初の襲撃は失敗します。あいの父親とも言える存在であるGOKURAKUの店主(洋太が天野あいのビデオを借りた謎のレンタルビデオ屋の店主です。)が彼女を助けます。彼は、あいの磁力と同じ性質を持つ十字架を使い、まいを撃退します。

mai14.gif



 苦しんでる顔もかわいい。
 この後、店主はあいを抱え逃走。まいもしばらく物語から姿を消します。






 で、しばらくして復活。洋太とちょっとだけもめて家を出たあいの背後に登場。

mai01.gif


 ちょっと時代を感じますが、さすがは桂正和。セクシーかつスタイリッシュなスタイルですね。いかにも刺客っぽくてかっこいい。ちなみに何故か武道まで身につけています。






 この後、まいは戦闘力など皆無に等しいあいを簡単に追い詰めます。(余談ですが、この追い詰める過程であいは全裸にされてしまいます。GJ)
 さて、まいの攻撃で磁力浴び、消えかけのあいですが、まいは容赦しません。

ここで、トドメとばかりに心臓に電磁放電。



mai02.gif


エロ杉。





しかし…、すんでの所で、洋太の幼馴染であるナツミが助けに入ります。

mai03.gif


戦闘開始。手前に見えるのがナツミですね。





この後、ナツミはまいと互角にやりあいます。しかし、心臓に持病をかけるナツミは、この後発作が起き、まいに圧倒されてしまいます。そこに…

mai04.gif


ようやく主人公到着。(関係ないですけど、今見返すとこの頃の洋太は結構かっこいいですね。)






さて、ここで神尾まいはビデオガールとしての本能なのか?はたまたあいに精神的なダメージを与えるためなのか?(多分両方でしょう。)洋太を誘惑します。

mai05.gif


うらやましす。






しかし、洋太は神尾まいを拒絶。あら、もったいない。
 サーガ・オブ・ドラゴンのハーフエルフと言い主役側の男はどうしてかくも誘惑に強いのでしょうか?さて、洋太はこの後「あいを殺したければ、俺を倒してからにしろ!」と気を吐きます。






当然のごとく激情!激怒!激タコ殴り。

mai06.gif


で、この後。あいもろとも、洋太に磁力を浴びせ殺そうとします…。すると・・・







ここで、あいの火事場のバカ力が発動!


mai07.gif



なんと、まいと同じく電磁放電!







不意を疲れたまいはモロに食らってしまいます。


mai08.gif


それにしても良い脱衣っぷりだ…。




あー。心臓にいっちゃってますね。

mai09.gif



自分が置かれた状況が信じられない様子。こういうのって本当に萌えますね。






と、いうことでまいたんの最後です。ここからはジックリとどうぞ。






mai10.gif






mai11.gif






mai12.gif

→この表情が最高!




mai13.gif






 と、いうことでまいたんは消滅してしまいました(涙)最後に寂しさを感じながらなす術なく、消滅していく姿が本当にたまりません。ああ、ちょっとだけ守ってあげたい!


 とりあえず、私的には少年ジャンプの作品ではベスト3に入るやられと言えるでしょう。(後の2人は水鬼姫とベルゼバブ)それだけ印象も強く残っています。

 それにしても、普通ならばやられ役が出てくるような荒事とは無縁なように見える作品です。ビデオガールと言う人知を超えた存在が作品の中心にあれ、描かれているのはあくまでも恋愛。しかし、SFや超能力などの要素が入っていれば、戦闘シーンなどが出てくる事もあるかもしれないという可能性が出てくるということでしょう。

 今後も、この手の例外的な事例が無いかどうか。気を配る必要があるかもしれません。それでは、また。
  1. 2006/10/17(火) 01:14:13|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:7
<<【雑談】こっそりと・・・ | ホーム | 【速報】ブラック・ブラッド・ブラザーズ &【雑談】アンケート途中経過>>

コメント

こっ!これは!!なんと懐かしい。
というか私の言ってるのは正にこれですよ。私の「やられ観」に大きく影響を与えた代表作。
間一髪のところで私が助けて改心させてラブラブで幸せな日々を送るんですよ。あぁ、何度夢に見たことか。
また目にすることが出来て嬉しいです。ありがとうございます。足しげく通ってて本当によかった・・・。
  1. 2006/10/17(火) 10:57:32 |
  2. URL |
  3. ザコ万歳! #-
  4. [ 編集]

前回は回答しそびれたので今回こそ派と意気込んだら、今度は大部分が回答不能だった…。集団と言う線は絶対だけど他は優劣つけがたいのです。

この人とか、「僕のマリー」に登場したマリーの姉妹ロボットは個人的にはちょっと救済が欲しかった。でも桂の場合はこれが作風ですね。DNA2にも似たような女の子が出てきて、やっぱり救いの無い最期だったし。
  1. 2006/10/17(火) 15:04:07 |
  2. URL |
  3. 名無し #-
  4. [ 編集]

俺は桂正和作氏を見直したぞジョジョーーーッ!!
電影少女は当時チラ見程度しかしてませんでした。
この人の作品を好きになったのは「SHADOW LADY」からです。
ウイングマンはMNL知ってから興味出た感じ。
「ZETMAN」も最初は桂氏を意識せずに好きになった。

なんて半端なんだ俺 orz

あと昔のジャンプはおおらかだったんですねぇ…(遠い目)
これを機に氏の作品を洗ってみるかぁ。
  1. 2006/10/17(火) 22:46:18 |
  2. URL |
  3. T.T #-
  4. [ 編集]

>>ザコ万歳!様

>>というか私の言ってるのは正にこれですよ。私の「やられ観」に大きく影響を与えた代表作。

おお、それはこちらとしてもうれしいです。なるほど、確かに本文にも書きましたが、最後の辺りを見ると守ってあげたくなりますよね。うんうん。


>>名無し様
>>前回は回答しそびれたので今回こそ派と意気込んだら、今度は大部分が回答不能だった…。

それは申し訳ございません。いくらでも答えて良いとすると皆さん殆どすべてに、チェックを入れてしまうもので・・・。今回はあくまでも乾坤一滴コレ!と言う物を搾り出していただく事にしました。ご容赦を。

DNA2に出てきたのは、主人公の孫か何かでしたっけ?パラレルワールドの。本編中の展開で存在できなくなり消滅でしたっけ?


>>T.T様

>>電影少女は当時チラ見程度しかしてませんでした。

私もそうなんですが、この人との戦闘だけはかぶりついて見てましたw

>>あと昔のジャンプはおおらかだったんですねぇ…(遠い目)

そうですねぇ。邪魔忍とか(近々紹介する予定の)アマゾネスとか今じゃ無理ですね。
  1. 2006/10/18(水) 13:38:59 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

初めまして! 「神尾まい」で検索してこちらにたどり着きました。

何というか、自分と同じ考えを持つ方がおられることに驚いて、思わずコメントさせていただきました。

このキャラが連載に登場したころ、僕は中学生でした。作者のあまりの弾けっぷりに、自分の中で何かの扉が開くのを感じました(!?)。コミックスの5巻と6巻を買うのがめちゃめちゃ恥ずかしかったのを覚えています。

あと、ベルゼバブって「ゴッドサイダー」ですか? これも小3の時、コミックスの3巻を読んでホントに熱が出て寝込んでしまったことがあります。アタラの剣で鎧が弾けたところとか、霊気の必殺技で吹っ飛ばされるところとか、今じゃあり得ない描写ですよね…。

個人的にはテレビゲーム「ユナ」とかオリジナルアニメ「妖子」の敵キャラもストライクなんですが、オタクすぎますよね? すいません。
  1. 2007/01/14(日) 17:11:04 |
  2. URL |
  3. リンボー #-
  4. [ 編集]

>>リンボー様

ようこそいらっしゃいました。同志の方がいるとはうれしい限りです。

>>コミックスの5巻と6巻を買うのがめちゃめちゃ恥ずかしかったのを覚えています。
私も高校になって、ようやくドキドキしながら買った記憶があります。

>>今じゃあり得ない描写ですよね…。
仰るとおりです.ベルゼブブなんか、大また開きで技食らってましたからねw

で、もうしわけないですが、”ユナ”と”妖子”は見未見です。時間があればチェックしてみようかと思います。情報ありがとうございます。
  1. 2007/01/16(火) 04:25:34 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

そこらのエロ本よりエロかったね
  1. 2013/02/07(木) 00:10:01 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

close