無料
エロ
動画

----------------- 美しく散れ------------

 【美しく散れ】マンガ、アニメ、映画などに登場する悪役女性キャラを愛でるサイト。

【やられキャラレビュー】恵魅 覚悟のススメ(3巻) 山口貴由 秋田書店 

・人外娘シリーズも第5弾!今回紹介するキャラクターはかなりギリギリです。(ギリギリでアウトかも…)

 覚悟のススメは山口貴由の出世作ともいえる作品です。近未来の荒廃した日本を舞台に人類抹殺を企む散と、その弟で人類を守ろうとする覚悟の二人の戦いが繰り広げられます。ちなみに、作者の作風はかなり独特である紹介では“手塚と石ノ森と藤子にSMとバイオレンスと軍国主義と愛と正義を足して割ったような作品(マジ)”と書かれていました。(引用元;1997、別冊宝島316『日本一のマンガを探せ』宝島社)私は、その通りだと思います。

 さて、上記のような説明でいくと恵魅はさしずめ“ロリとエロとマゾにナースと化物と怪人を足して変態ついでに変体したようなキャラ”とでも言いましょうか。

 彼女は、主に作品の初期において登場した戦術鬼と呼ばれる生体兵器の一人です。彼らは第二次世界大戦中に日本軍によって開発された兵器で、その外見は素材となった人間の認識によって決まります。まあ、グダグダした説明はこのくらいしておきましょう。


 さて、登場シーン。戦闘終了後の主人公をやさしく見つめるナース少女。

megumi00.gif


彼女が恵魅です。






 ま、正体はこんなんですけどね…。


megumi01.gif


あ、ほら顔は人間のままですから。ちなみに、彼女は献愛(ボランティア)という言葉を好んで使います。やってる事は人食いなんですけどね。





 さて、彼女は手始めに通りすがりの不良たちを食い殺し、(ボランティアと称して誘惑し、食い殺します。)その後主人公である覚悟のマンションを訪れます。



 恵魅たん登場。

megumi02.gif


 うそです。3人組を襲って一人食い殺してます。





 さて、彼女はその後、一緒にいた主人公の友人達を言葉巧みに追い払い、主人公を誘惑します。

 あ、ちゃんと人間の体だ。

megumi03.gif


 脇の下だけ隙有りですけどね。この後、“献愛(ボランティア)させて”と覚悟を誘惑。





 しかし、ひっぱたかれます。

megumi04.gif


大体、数ある主人公の中でも郡を抜いてストイックですから。この人。正直誘惑するのは厳しいかなーと。(この後の覚悟のセリフ「作法無き誘惑に揺れる心一切なし!」





さて、てなわけでこの後、正体を現し襲い掛かる恵魅たんナのですが。

彼女の得意技はというと。

megumi05.gif

………ノーコメント。






さて、戦闘開始です。覚悟は彼女に次々と攻撃を繰り出しますが…。

打撃。

megumi06.gif





切断。

megumi09.gif






ともに通用しません。ちなみに、炎などで燃やすのは住宅地なので論外。困ってしまう、覚悟君。そんな苦労知ってか知らずか・・・。

megumi07.gif



ここまで意味が分からない悪役も珍しいです。モットツイテッテ…






 しかし、ここで覚悟が纏う意思を持った鎧“零”から助言が。切断面が鋭利すぎるので再生を許すらしいです。と、いうことで。


恵魅のプレス攻撃をかわす覚悟…


megumi11.gif






でもって、逆に踏んづけます。


megumi12.gif







なんか、顔だけ見るとかわいそうなんですけどねぇ

megumi13.gif



ちなみにこの後覚悟に「当然なり!献愛とは時に苦痛を伴う物、だがお前の胸にあるのは手を差しのべることの優越感のみ!」と怒られてしまいます。





で、言い訳しようとしますが…。

megumi14.gif




加速削減走!!

megumi15.gif


問答無用で紅葉おろし!!!(おそらく彼女が元祖でしょう。)さすが覚悟!敵にも自分にも厳しい…。





 かくして、恵魅たんは倒されてしまいました。ちなみに、この作品OVAにもなっていて、彼女も登場します。声は宮村優子がやっていました。
 で、ネタとして受け入れられるかどうかは個人の好みによるでしょうが、自分としては普通の女の子のように痛がっているにも関わらず、容赦なくトドメを刺されてしまう所が結構好きだったりします。外見的にもどうなんでしょうね。絵柄に癖はありますが、人間体の時は結構可愛いし、顔は最後まで人間のままだったので無問題です。(そんな事いったら、未紹介だけど、蝶のパフィオはどうなるんだという話ですね。)
さて、人外の秋シリーズ一応次で最終回です。最後はやっぱりコミックヴァルキリーの最新号からあの人ですかね…。

 megumi16.gif


まとりあえず恵魅たんの末路でも…
  1. 2006/10/04(水) 01:30:44|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3
<<【やられキャラレビュー】メルローズ伯爵夫人 魔剣戦記DEICIDE(超弩級戦士ジャスティス 第2巻収録) 山根和俊 集英社  | ホーム | 【やられキャラレビュー】へビ女 ローズ×マリー (コミックヴァルキリー2号掲載) 浦瀬しおじ KTC>>

コメント

なにぃ!!ここで恵魅が紹介されるとは思いもよらず無明逆流れでまっぷたつ。
コミックだと「南無!!」の一言ですが
雑誌掲載時は「その身 新東京の肉食昆虫に献体せよ!」でした。

しかしこれがイケるんなら「しゃがら」とかガンガンいけるんじゃないスか?
  1. 2006/10/04(水) 08:14:27 |
  2. URL |
  3. スラマイマラス #-
  4. [ 編集]

ゾンビ屋の作者と違って、絵が基本的にエロいから無問題。
  1. 2006/10/04(水) 22:06:58 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

>>スラマイマラス様
>>雑誌掲載時は「その身 新東京の肉食昆虫に献体せよ!」でした。

あれ、そっちの方がカッコいいですね。何か大人の事情でもあったんでしょうかね?

あ、ちなみに”しゃがら”もそのうち紹介するつもりでしたよ。先生とか猫姉妹とか結構好みです。

名無し様(HNが書かれていないので…)
>>絵が基本的にエロいから無問題。

少女マンガ家に比べると、少年マンガ家(特に男性作家)の絵は基本的にはエロいはずなんですよね。萌えより燃え優先の人も多いですが。
  1. 2006/10/05(木) 01:00:11 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

close