無料
エロ
動画

----------------- 美しく散れ------------

 【美しく散れ】マンガ、アニメ、映画などに登場する悪役女性キャラを愛でるサイト。

【やられキャラレビュー】妖怪イロギツネ 霊幻道士 最後の霊戦 

そういえば、前回で妖怪は一区切りと書いたのですが、ハードディスクをあさっていたら、以前雑談で軽く紹介した『霊幻導士 最後の霊戦』が見つかったので、せっかくなのでこっそりレビューすることにします(こっそりなので、わざと雪女の記事の前に挿入してみました。)。

 『霊幻道士』シリーズといえば、1980年代後半にいわゆるキョンシーブームを日本に巻き起こした香港のホラーコメディ映画ですね。で、今回紹介する妖怪イロギツネは、その第4作目『霊幻道士 最後の霊戦』に登場します。

 このシリーズに登場する道士はいわゆるネクロマンサーのような存在で、キョンシーと呼ばれる動く死体を操ることができます(私の記憶だと、故郷から遠く離れた場所で死んだ人を運搬するためだったような…)。彼女は、そのキョンシーを道士から奪おうとしますが(おそらくエサにするため)返り討ちにされます。











と、いうことで登場シーンから



どこからともかく飛んできて、主人公の様子を伺い、隙を見て帯をのばします。













で、この後、帯でキョンシーを一体巻き取って奪おうとするのですが…




主人公に邪魔をされ格闘戦に。












しかし、主人公は強かった。




一番左から
吹っ飛ばされ→立ち上がり→木の陰に隠れる
と、いう感じです。好みは分かれると思いますが、綺麗系の容姿ですね。












そこで、イロギツネは作戦変更




同じく左から
 空中に飛び上がり→上着を脱ぎ捨て→ばら撒くw
 










 …て、何をやってるんですか!










 で、あられも無い姿で主人公を誘惑w




 ふつくしい…











 ただ、この手のシーンにしては、若干露出度が低いような気も…。やっぱり大人の事情があるのでしょうか?個人的には、全裸で大事なところだけ布で隠れているぐらいを希望したいところですw










 で、その誘惑にあっさりのっちゃう主人公w




 をいをい…











 そして、ついに正体を現すイロギツネ!狐獣人の姿となって、主人公に攻撃!




 …するも、実は見破られていて攻撃失敗!












 で、逃げようとするも…




 剣を投げられて串刺しに…










 合掌。











 しかし、まだ彼女の見せ場は終わりません。











 倒した後、なぜか人の姿に戻っているイロギツネ





 理由は不明ですが、とりあえずGJ
 











 で、剣を抜くと正体をあらわします。




 て、名前でわかるとおもいますけどね。キツネです。











 と、いうことで妖怪イロギツネでした。

 ところで、なんで彼女を紹介したのかといいますと、女性妖怪に私が求める要素を満たしているんですね。
1つは、人虎のところで軽く触れていたかもしれませんが、主人公を誘惑するということ。やっぱり、女性妖怪はその人外の美で人間を骨抜きにしてほしいものです。ちなみに脱いでくれればなお良し。て、いうか脱げw

 もう1つは、彼女が原型をあらわしているということですね。まあ、戦闘中に化け物としての正体を現してしまうというのは無論ダメなのですが、死亡に正体を現すというのは結構好きだったりします。これは多分、無常観があるからでしょうね。

『あんなに、エロかったのに、正体はこんななのか…』


 という、感覚が良いのですよ。ひょっとすると、私はある意味Mかも知れませんね。

 それでは、今日はこの辺で。
 
  1. 2008/07/14(月) 02:25:27|
  2. その他(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<【やられキャラレビュー】食欲妖怪 人虎 陰陽天女 みなみりょうこ作 第1巻 講談社 | ホーム | 【やられキャラレビュー】“雪女郎”の白眉 アトリ抄 田代琢也作 第5巻 メディアファクトリー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

close