無料
エロ
動画

----------------- 美しく散れ------------

 【美しく散れ】マンガ、アニメ、映画などに登場する悪役女性キャラを愛でるサイト。

【やられキャラレビュー】邪魔忍4人衆 水晶(変幻戦忍アスカ 黒岩よしひろ作 集英社)

 ・さて、水晶(クリスタル)です。ネット空間をぶらつく限り邪魔忍4人衆の中でもっとも、人気が高いキャラではないでしょうか?確かに、個人的にも萌えどころが多いキャラであります。

 ここまで紹介した二人が”お姉さま系”と”姉御系”であるとすれば、水晶はまさに正統派美少女と言えると思います。
 
 水晶は、主人公であるアスカと対峙します。しかし、水鬼姫がアスカは最後に痛めつけると言う方針を打ち出していたため、最初は幻術(無数の水晶玉が部屋の中を飛び回る。)でアスカを混乱させ、時間を稼ぎます。

 
[【やられキャラレビュー】邪魔忍4人衆 水晶(変幻戦忍アスカ 黒岩よしひろ作 集英社)]の続きを読む
  1. 2006/02/26(日) 03:51:19|
  2. マンガ(リスト1)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

【やられキャラレビュー】氷雪女 ANGEL2 (エンジェルのじじょう) 黒岩よしひろ作 月刊少年チャンピォン掲載 単行本未掲載(2006年2月現在)

 ・2回ほど変幻戦忍アスカで来ているので、今回は閑話休題と言う事で、黒岩よしひろ先生の他の作品から紹介しましょう。今の所単行本未掲載の短編ANGEL2(エンジェルのじじょう)から氷雪女たんです。

 物語は主人公の少年の家に美人3姉妹(あいり、まゆら、らいか)が突然押しかけて来て、同居生活が始まるという物です。いわゆる“おしかけ女房マンガ”ですね。しかし、そこは黒岩御大、3姉妹のキャラクターをお姉さん、妹系、正統派ヒロイン系としてツボを押さえつつ、悪役にも美少女を配置して

さらに、我々の“ツボ”まできっちり抑えてくれています。

[【やられキャラレビュー】氷雪女 ANGEL2 (エンジェルのじじょう) 黒岩よしひろ作 月刊少年チャンピォン掲載 単行本未掲載(2006年2月現在)]の続きを読む
  1. 2006/02/18(土) 22:28:22|
  2. マンガ(リスト1)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

【やられキャラレビュー】邪魔忍4人衆 水蓮(変幻戦忍アスカ 黒岩よしひろ作 集英社)

 ・水仙に続いて水蓮(リリー)姉さんの登場です。彼女はアスカの仲間で偶然にも魔王を封印するための剣を手にしてしまった少年成馬と対峙します。初登場時から見ても分かる通り、
[【やられキャラレビュー】邪魔忍4人衆 水蓮(変幻戦忍アスカ 黒岩よしひろ作 集英社)]の続きを読む
  1. 2006/02/14(火) 01:05:30|
  2. マンガ(リスト1)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

 【前置き】変幻戦忍アスカ 黒岩よしひろ作 集英社&【やられキャラレビュー】同作品より“水仙(ナーシサス)”

【前置き】
 ・ここからは、5回にわたって黒岩よしひろ作『変幻戦忍アスカ』に登場するキャラクター水鬼姫とその部下である邪魔忍4人衆を紹介して行きます。

 下のすばらしいコスチュームの方々です。
suikihijamanin.gif





 はっきり言って、この作品あまり紹介する意味はないかもしれませんね。何せ、(その手の趣味の人間には)有名な作品ですし某巨大掲示板にもスレッドがあるほどです。
 
 とは言え、私個人にとってはこの作品、決してスルーするわけには行きません。



この作品で私はこの趣味に完全に覚醒したようなものですしね。



 
 言うなれば、戦隊物の女幹部が目覚めで、サスケ忍伝とゴッドサイダーで趣味になり、この作品で覚醒と言うところですね。(そう考えると黒岩よしひろ御大は本当に偉大です。この辺については、ブログの中でちょこちょこ明かして行くかも…。知りたくない?まあ、そういわずに。)

 さて、そんなわけで一人づつ紹介していくわけですが、個々のキャラクター毎に細かく説明してはきりがないので、5人に共通する作品の物語背景について簡単に説明します。

[ 【前置き】変幻戦忍アスカ 黒岩よしひろ作 集英社&【やられキャラレビュー】同作品より“水仙(ナーシサス)”]の続きを読む
  1. 2006/02/12(日) 02:43:19|
  2. マンガ(リスト1)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

【やられキャラレビュー】歳子 (SAMURAI DEEPER KYO 上条明峰作 講談社)

・と、いう事で歳子ちゃんです。某巨大掲示板などでは、ネタマンガ扱いされているSAMURAI DEEPER KYOですが、なかなか良いヤラレキャラが登場します。それがこの娘。

ぶっちゃけ、ストーリーの展開はほとんど知りません。たまたま立ち読みしていたら出てきただけなので、詳しく知りたい人は単行本を購入してください。17巻に登場します。ちなみに、断末魔は18巻となります。
[【やられキャラレビュー】歳子 (SAMURAI DEEPER KYO 上条明峰作 講談社)]の続きを読む
  1. 2006/02/09(木) 03:15:36|
  2. マンガ(リスト1)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

こっそり始めたこのサイト

 ・URLは某画像系掲示板でひそかに晒しただけですが、思った以上にアクセスがあり正直驚いております。とりあえずは、ひっそりと地道に続けて行きますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 
  1. 2006/02/08(水) 02:18:56|
  2. 雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今週のBLOOD+

 今週のBLOOD+にソーニャと言う女翼手が登場。かなりかわいい上、主人公と百合的話になるなど、結構来た。

 最初は主人公達を自宅に泊めてあげ、朝になってから正体を現し主人公達を襲うという展開だったのだが、最初は手足だけ翼手状態だったのだが、最終的には

化け物化

予想はしていたのだが、残念…。でも、人間体の時は本当にかわいかったです。
  1. 2006/02/08(水) 01:47:22|
  2. 雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

【やられキャラレビュー】ユアリースラ(ドラゴンピンク 第2巻 ITOYOKO作 大陸書房)

 ドラゴンピンクは要するにRPG風ファンタジーマンガの成年版です。魔方陣グ○グ○やダイの大○険の18禁バージョンですね。この作品には、結構女魔物が出てくるようです。

 さて、ユアリースラは主人公のピンクがさらわれたクナガオの村で奉られている水の魔人です。(まあ、さらわれる過程がまた凄いんですけど…。)外見は全裸の女性。キツメのルックスが良い感じです。
 
 水の魔人の名にもれず、彼女は液状の体を持ちます。そして、生贄に選ばれた少女の体に進入し、生気を吸収、内側から破壊すると言う能力を持ちます。
[【やられキャラレビュー】ユアリースラ(ドラゴンピンク 第2巻 ITOYOKO作 大陸書房)]の続きを読む
  1. 2006/02/06(月) 01:47:11|
  2. マンガ(リスト1)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

【やられキャラレビュー】瑪瑙(サスケ忍伝 黒岩よしひろ作 集英社)

 と、言うわけで紹介第1回目です。とりあえずは有名どころといきましょう。

『サスケ忍伝』はこの手の作品の中では、比較的有名な作品です。古書店などで簡単に入手できます。

 瑪瑙は、主人公の敵役である獣魔忍郡に所属するくノ一です。先行して主人公サスケ達を襲った仲間が倒され、その後を引き継ぎサスケ達を狙います。

 彼女は催眠術を使い、サスケやクラスメートに昔からいたように見せかけます。そして、怪我を装い、サスケと2人きりになったところで正体を現し、サスケに1対1の戦いを挑みます。

 そして、一度はサスケの必殺技である“影法師”(影を伸ばし相手を縛り上げたり、切り裂いたりする技)を破り、追い詰めます。しかし、異変に気づいたサスケの仲間達の加勢(サスケが体力を回復するための時間稼ぎ)もあり、伝説の刀“十六夜”により倒されます。ただし、峰打ちなので命は助かりました。 [【やられキャラレビュー】瑪瑙(サスケ忍伝 黒岩よしひろ作 集英社)]の続きを読む
  1. 2006/02/02(木) 02:47:32|
  2. マンガ(リスト1)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:7

『始めに』(必読)

 始めに;このブログでは私が発見した、もしくは所持している

“やられ女”

が登場する作品の画像と、レビューなどを紹介していきます。

 念のため;このブログにおいては、悪役女性キャラが倒されるシーンに欲情すると言う

極めて特殊な性的嗜好

に基づいた情報を提供します。したがって、私と同じ、もしくは似た様な嗜好を持たない方はすぐにブラウザを閉じる事を希望します。
本ブログを見て、閲覧者が精神的、もしくは肉体的な苦痛を感じ、あるいは実際にダメージを追っても責任は負いかねます。

 私と同様の嗜好を持つ方は続きをどうぞ。


[『始めに』(必読)]の続きを読む
  1. 2006/02/01(水) 00:29:30|
  2. 始めに(注意事項)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
close