無料
エロ
動画

----------------- 美しく散れ------------

 【美しく散れ】マンガ、アニメ、映画などに登場する悪役女性キャラを愛でるサイト。

【やられキャラレビュー】卑弥子 ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社

 前回の記事から一ヶ月以上相手しまいましたが、ようやく更新できました。悪魔憎涅巣を統括するロリエロキャラ卑弥子さんを今回はご紹介。彼女は主人公達と対立する悪の組織竜牙会の幹部です。で、周知の通り、悪魔憎涅巣を率いて雪藤たちを狙いますが、残念ながら彼女たちは全滅。一方で主人公側も次々と主要キャラ達が死んでいき、残ったのはジュディと雪藤だけになっています。かくして、雪藤に最後の戦いを挑むわけですね。


 と、いうことで最後の戦いに臨む卑弥子さん登場。 
[【やられキャラレビュー】卑弥子 ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社]の続きを読む
  1. 2007/05/04(金) 01:23:45|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“?” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社

 さて、悪魔憎涅巣は今回で最後の1人となります。早速紹介しましょう。

 妖火が倒された後、色々あって雪藤、松田、水鵬の3人で原爆の爆発を食い止めるため、樹海を進む主人公一行。すると彼らの前に謎の小屋が現れます。で、何の疑いもなく小屋に入ると当然のごとく閉じ込められ…


[【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“?” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社]の続きを読む
  1. 2007/03/20(火) 01:49:26|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“妖火” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社



 久方ぶりに更新できました。(すいません。時期が時期なので・・・)今回は、多分悪魔憎涅巣の中で一番美人であると思われる妖火さんをご紹介していくことにいたしましょう。彼女はその名の通り、炎を使ったトラップを得意とし、黄泉を倒したジュディと雪藤(ちなみにまだ目が見えない状態)を狙います。このときジュディは卑弥子の超能力によって底なし沼にはまってしまい、目が見えない雪藤は1人残されてしまいます。

  [【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“妖火” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社]の続きを読む
  1. 2007/03/12(月) 02:53:41|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:7

【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“刺魔” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社

 さて、続いては刺魔さんをご紹介しましょう。

散り散りになってしまたったブラックエンジェルズを狙う我らが悪魔憎涅巣なわけですが、そのうちの2人、松田と麗羅を“針地獄”で迎え撃ったのが刺魔姉さんです。彼女は植物の葉などを針のように飛ばす事が出来ます。(どうやっているのかは良く分からないのですが…)

[【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“刺魔” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社]の続きを読む
  1. 2007/02/16(金) 02:30:28|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“黄泉” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社

続いては、黄泉姉さんとご紹介。前回紹介した3人とはぐれてしまったブラックエンジェルズ雪籐(ちなみにコイツが主人公)とジュディは、温泉地帯に迷い込んでしまいます。実はこれ、卑弥子の罠だったりします。前回紹介したので、お分かりでしょうが、悪魔憎涅巣はそれぞれ特殊能力をもっていて、それを活用できる場所で罠をはり戦うのを得意としています。で、ここで待ち受けているのが今回紹介する黄泉姉さんだったりするわけですね。

  [【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“黄泉” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社]の続きを読む
  1. 2007/02/07(水) 12:40:20|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“悪夜” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社

 さて、早速一人目の悪魔憎涅巣“悪夜”をご紹介いたしましょう。富士山近辺で核爆弾を爆発させようというM計画を防ぐため、阻止に向かうブラックエンジェルズの一行ですが、途中箱根辺りで卑弥子率いる悪魔憎涅巣と戦闘になります。

 最初は、卑弥子は特殊能力で大量の蛾を操りブラックエンジェルズを湖に追い込みます。そして、悪魔憎涅巣の面々が水中でブラックエンジェルズ達に攻撃を仕掛けるのですが…。
[【やられキャラレビュー】悪魔憎涅巣“悪夜” ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社]の続きを読む
  1. 2007/01/30(火) 03:49:32|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

【やられキャラレビュー 前置き】卑弥子&悪魔憎涅巣(アマゾネス) ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社

 ふと、気が付いたんですが、このブログ何げにもうすぐ開設一年になるんですね。最初は、どれだけ続くのやらと思っていたのですが、これも皆様のご愛顧のおかげ心の底から感謝いたします。





ありがとうございます。





で、一周年記念だからと言う訳でもないですが、今回からシリーズでやられキャラを紹介していく事にしましょう。悪役女の理想系とも言うべき、女幹部&手下からなる卑弥子&悪魔憎涅巣です。 [【やられキャラレビュー 前置き】卑弥子&悪魔憎涅巣(アマゾネス) ブラックエンジェルズ(ジャンプコミックスセレクション版) 平松伸二作 集英社]の続きを読む
  1. 2007/01/30(火) 03:40:17|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

【やられキャラレビュー】闇呪羅 鬼神童子ZENKI 黒岩よしひろ作 竹書房(ワイド版)初出は集英社

遅ればせながら、明けまして、おめでとうございますm(__)m

 本年度も、マイペースに更新していくつもりなので、たまに見ていただければ、幸いです。で、新年一発目はやっぱり巨匠の作品からと行きましょう。

悪役ヒロインの巨匠として知られている黒岩御大ですが、御大の作品でもっとも有名な作品が呪術師役小明と、それに使える前鬼が活躍する鬼神童子ZENKIでしょう。何せ、アニメ化までしてますし、連載期間も最長。おまけにワイド版が復刻される程ですから。(でも、個人的には変幻戦忍アスカが一番の好みだったり)

 と、いうことでそのZENKIに登場するのが闇呪羅姉さんです。彼女は四呪士と呼ばれる呪術師集団の一人として、前鬼と戦いますが、最後は電撃を浴びて倒されます。しかし、その後、もう一回ひどい目にあったりします。
[【やられキャラレビュー】闇呪羅 鬼神童子ZENKI 黒岩よしひろ作 竹書房(ワイド版)初出は集英社]の続きを読む
  1. 2007/01/08(月) 03:03:22|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12

【やられキャラレビュー】“ビッグ・ママ”ミツコ ボンバーガールクラッシュ(1巻) にわのまこと 少年画報社

・どうにも忙しく、更新も滞り気味な本サイトですが、今後もマイペースに更新を続ける予定なので今後ともお願いいたします。で、多分これが年内最後の更新となります。

・ボンバーガールといえば、週刊少年ジャンプに連載され少年誌の枠を超えまくったエロティクス&バイオレンスで一部のマニアから絶大な支持を受けた作品です。さすがに、問題があったのか10週打ち切りとなってしまいましたが、作者自身もお気に入りだったらしく続編が描かれました。(ボンバーガールクラッシュ/ボンバーガールXXX)

[【やられキャラレビュー】“ビッグ・ママ”ミツコ ボンバーガールクラッシュ(1巻) にわのまこと 少年画報社]の続きを読む
  1. 2006/12/29(金) 01:43:08|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

【やられキャラレビュー】クィーン・ラミア 魔神伝(第3巻 電脳魔境戦記(編)) 来留間慎一作 徳間書店 

・アンケート本日最終日
・以前、邪魔忍水蜜の項目にも書きましたが、私は悪役女が物語の流れの中であっさり殺された、あるいは殺されてかけているにも関わらず、登場人物達が会話を進めていたりするのを見ると萌えてしまいます。なんというか、物語の流れから完全に取り残されている彼女達に感情移入してしまうわけですね。(女戦闘員が処刑されているのを背景に作戦会議なんてのも、良いですね。)
 
 今回紹介する物件ですが、やられ的にもキャラ的にも少々微妙です。いかんせん、人語は解さないし、知能は低いし(外見だけ人間と言う感じ)、一応ヘビ女ですが顔以外は魔物だし。しかし、上記の1点に関してのみ、良い感じなわけです。と、言う事で来留間慎一作の魔神伝よりクィーンラミアを紹介しましょう。(ちなみに作者は秋恭摩と言うペンネームでも活動しています。)
[【やられキャラレビュー】クィーン・ラミア 魔神伝(第3巻 電脳魔境戦記(編)) 来留間慎一作 徳間書店 ]の続きを読む
  1. 2006/11/15(水) 03:29:32|
  2. マンガ(リスト2)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
次のページ
close